toggle
天草市の小児科 十万山クリニック

風しん予防接種の費用を助成 天草市

妊婦、とくに妊娠初期の女性が、風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんが目や耳、心臓などに障がいをもって生まれる可能性があります(先天性風しん症候群)

風しんは、現在は定期接種となり、麻疹風疹ワクチンとして、多くの子どもたちが予防接種を受けています。しかし、過去の予防接種制度の移り変わりにより、予防接種を受けていない人が多い世代があります。特に、子育て世代において、風しんに感染した男性から妊婦に感染し、先天性風しん症候群が発生することが心配されています。

風しんの感染拡大を防止するため、令和4年3月31日までの間に限り、これまで風しんワクチンを受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた(令和2年4月時点で41歳から58歳)男性を対象とした「風しんの追加的対策」が実施されています。

風疹 第5期
令和2年4月時点で、41歳から58歳の男性が対象
風しん 第5期

天草市の任意風しん予防接種費用助成について

天草市に住所がある方に、風しんワクチンの費用助成が行われています。

対象者
  • 熊本県が実施する抗体検査で、予防接種が必要と判断された方
  • 過去の抗体検査で、HI抗体価が16倍以下の方
対象ワクチン 風疹ワクチン、麻しん風しん混合ワクチン
助成期間 令和2年4月1日~令和3年3月5日
助成額 10,000円
接種回数 1回

予防接種が推奨される風しん抗体価について

風しん関連ニュース 

風しん最新ニュース(NHK)